お知らせ

ニセコ雪道楽のブログは移転しました。新ブログはこちら→ http://www.niseko-web.net/blog/

写真撮影付きパウダー・バックカントリーガイド&レッスン『ニセコ雪道楽』ウェブサイトはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバランチハザードトライアングル

前回のブログで書いた「1.できるだけ雪崩に遭遇しないためにどうするか」を考えるためによく使われるのが「アバランチハザードトライアングル」という考え方です。
雪崩の発生には「地形」「積雪の状況」「人」という3つの要素が関連しています。
この3つ(トライアングル)を考慮し、雪崩のリスクを減らすことが大切です。

まず「地形」については、斜度・斜面の形状や向き、植生などや地形の罠が無いかの見極めが必要です。
次に「積雪状況」ですが、気温変化や日射、風の影響などで積雪は常に変化しています。
この積雪状況をまず気象条件によって予想し、ワッフ音・クラック・雪崩の跡などの発見、そしてピットチェックなどによる安定性のテストによって観察します。
最後の「人」は、どのように判断し行動するかです。それによって同じ地形と積雪状況であっても雪崩リスクは変動します。

それぞれについて詳しく書くと長くなるのでまた機会があれば書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

バックカントリーでのリスク

雪が積もりだして気持ちも冬モードになってくる今日この頃です。
シーズンインするにあたって、そろそろ滑走道具の準備なんかも必要ですが、
冬山でのリスクについて考え、それに備えた準備も大切です。

バックカントリーには雪崩や遭難、転倒や立ち木への衝突などによる怪我など様々なリスクがあります。
ブログでもこのリスクについて少しずつ書いていこうと思います。

まずは雪崩についてです。
雪崩については、
1、できるだけ雪崩に遭遇しないためにどうするか
 ・降雪、風向、風速、日射などの気象条件や積雪内部の観察
 ・地形の観察、ルートファインディング
 ・上記を考慮したうえでの行動マネージメント

2、雪崩に遭遇してしまったときどうするか
 ・エスケープルートへ逃げる。大声を出す。
 ・出来る限り沈まないようにする(アンカーとなるものをはずす・泳ぐようにもがく)
 ・立ち木、岩などへの衝突を出来る限り回避する
 ・口の中に雪が入るのを出来る限り防ぐ、可能であれば埋没時にエアポケットを作る
 ・アバラング、アバランチエアバックなどを使用する。
 ・同行者は雪崩の発生に気付いたら滑走者に伝える。
 ・同行者は雪崩遭遇者をしっかり観察し、出来るだけ見失わないようにする

3、雪崩に遭遇し、埋没した際にどうするか
 ・目視やビーコン、ゾンデ、スコップを使い、迅速に掘り出す
 ・二次雪崩に注意する
 ・外傷や低体温症への対応
 ・病院への搬送

などについての対応が必要です。
次回は上記の各項目について書いてみようと思います。

なんか急に文字の多いブログになってしまった・・・。

今日はよく降ってます

昨日からの風も落ち着いて今日は雪がモリモリ降ってます。
明日はグランヒラフスキー場オープンだそうです。
エースファミリーペアリフトが運行されて、リフト券は1000円!

詳しくは
グランヒラフオープン決定
2011-11-25 | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

朝一パウダー

昨日の夜は暴風雪でした。
今年は降っては融け、降っては融けの連続で、昨日まで雪がだいぶ雪が解けていましたが
またまた積もりました。
朝からウチの気の早い男が家の前でさっそくスキーを履いてました。
朝一パウダー

風が強かったので結晶の壊れた雪でしたが結構軽いパウダーでした。

明日のグランヒラフはどうかな?


2011-11-25 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

冬山遭難を防ぐためのシンポジウム

「冬山遭難を防ぐためのシンポジウム」が札幌であるので行ってきました。
倶知安からは赤井川経由で行ったのでちょっとキロロによってみました。
まだオープンしていません。
余市岳周辺も例年より雪が少ないようです。
キロロ

札幌の北大陸上競技場でのヘリコプター救助公開訓練の様子です。
北海道警察のヘリ「だいせつ」です。
ヘリ救助訓練
目の前でホバリング、ホイストの様子が見れました。

その後は講演
内容は
1 冬山遭難の発生状況 (14:10~14:40)     
  北海道警察本部・北海道警察山岳遭難救助対策官・指導官 村上富一警視
2 バックカントリーの魅力とリスクマネジメント (14:40~15:30)
  山岳ガイド・ビッグマウンテンスキーヤー 佐々木大輔
3 「低体温症と雪崩埋没」世界の知識と事例に学ぶ (15:40~16:30)
  心臓血管センター北海道大野病院・国際山岳医 大城和恵
4 なぜ再び登るのか (16:30~18:00)             
  (株)ICI 石井スポーツプロ登山家 竹内洋岳

安全登山シンポジウム

講演はほぼ満席でたくさんの方々がいらっしゃってました。




2011-11-23 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

ヒラフのアルペンホテル前の斜面

グランヒラフスキー場のセンター4リフト乗場横の斜面です。
今日の朝登って滑ってる人がいました。
グランヒラフスキー場
2011-11-23 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

パウダーです

昨日は暴風雪でした。
2日前に雨が降ってほとんど雪が融けて地面が見えていましたが、すっかり雪に覆われました。
雪質も軽いパウダースノーで朝の除雪が楽でした。
雪20111122

グランヒラフスキー場は11月26日にオープン予定です。
2011-11-22 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

グランヒラフスキー場にシュプール

家から見えるグランヒラフスキー場です。
よく見ると誰かが滑ったトラックが見えますね。

グランヒラフスキー場
2011-11-16 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。